一般歯科

一般歯科

歯と歯ぐきに関わる病気・不正の治療をおこなう診療科です。
一般的に、皆様がイメージする歯医者さんと一番合っており、むし歯の治療(詰め物・かぶせ物)、歯周病の治療、入れ歯の作製、簡単な抜歯、口内炎の治療をおこないます。

むし歯

歯の代表的な病気はなんと言ってもむし歯です。
むし歯は感染症のひとつで、お口の中に潜む細菌によってむし歯になります。細菌は砂糖を栄養として増えていき、ネバネバとした物質(歯垢)を作り出します。そして、歯垢の中で砂糖が分解され、次いで酸が作られ、歯を溶かしていきます。
むし歯は、初期段階では痛みがなく見た目にもわかりづらいため発見が遅くなりがちです。もちろん、むし歯は自然に治ることはありませんので、症状は少しずつ進行していき、やがて痛みや歯の崩壊といった症状があらわれます。

治療方法:むし歯の治療は、まずむし歯の部分を機械で削ります。そして、歯を削りながら、詰め物を詰めるための形に整えます。もし、むし歯が神経にまで達していると、神経を取り除く処置が加わり、治療期間や治療にかかる費用がとてもかかるようになってしまいます。
削った歯を詰め物にするかかぶせ物にするかはむし歯の大きさや部位によって変わります。

歯周病

歯周病は、歯や歯ぐきについた歯垢の中の歯周病菌が、歯肉や歯を支える骨を破壊し、最終的には歯が抜けてしまう病気です。歯垢に唾液成分の無機質が沈着し、硬く石灰化したものが歯石で、歯周病菌の温床となります。
歯周病は、多数の歯が一度にかかることがほとんどで、また、むし歯と違い痛みなどの自覚症状がなく進行します。
長い間、歯周病のサインを見逃して放置し、歯がぐらぐらになって初めて来院されても、抜歯しか手段が無いこともしばしばで、いきなり歯を失ってしまうことになりかねません。また、糖尿病や喫煙などの危険因子が加わると、さらに歯周病の進行を促し、その他の因子と相まって、心筋梗塞などの全身疾患の引き金になることもわかってきました。

治療方法

1.ブラッシング(歯磨き)指導
どの部分が磨けていないのかを知っていただいた上で患者様自身に合ったブラッシングの方法をお伝え致します。ブラッシングによるプラークコントロールが歯周病治療を始める第一歩です。

2.スケーリング(歯石除去)
歯石とは、歯の表面に付着したプラークに唾液の中にあるリン、カルシウムが混じって石灰化したものです。歯に強く付着してしまう為、歯周病菌の温床です。主に、スケーラーという機器・器具を使って衛生士が取り除きます。

3.外科的処置
歯槽骨が破壊されており、歯周ポケットが深い場合、スケーリングだけでは歯石を取り除く事ができません。このような場合、歯肉を開き、細かな部分までしっかりと歯石を取り除きます(フラップ手術・歯周外科)。

4.歯周組織再生誘導
歯周病によって破壊されてしまった骨は、通常再生することはありません。上記のフラップ手術だけでなく、ゴアテックスやコラーゲンなどの膜を貼る方法や、エナメルマトリックスというたんぱく質を塗布する方法により、歯周組織の再生を促進させることが出来ます。

根管治療

根管治療とは、通常の治療が困難な大きなむし歯や、ひどく痛む重症のむし歯に対して行われる治療のことです。まだ生きた状態の神経を取り除く「抜髄処置」と、すでに死んでしまっている神経を取り除く「感染根管処置」の2つがありますが、同様の処置を行います。

咬み合わせ

かみ合わせの不正は、ものがうまく噛み砕けなかったり顎関節に痛みや音を生じさせるだけでなく、頭痛や肩こり・腰痛などを誘発させることがわかってきています。たかがかみ合わせ、されどかみ合わせです。
さまざまな不快な症状(不定愁訴)をお持ちの方々は、一度かみ合わせを検査されることをお勧めします。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症は、「一晩7時間の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上認められるか、あるいは1時間あたりの睡眠中に10秒以上の無呼吸が5回以上あるもの」と定義されており、そのうち90%以上が空気の通り道である気道が詰まることによる閉塞型の睡眠時無呼吸症です。
内科や耳鼻科などで閉塞性の睡眠時無呼吸症と診断された方で、舌(舌根)の沈下や軟口蓋により気道が詰まってしまい、歯科装置を装着することでの気道閉塞の防止が妥当と判断された場合は是非ご相談ください。

マウスガード・ナイトガード

ラグビー・アメリカンフットボールなどのコンタクトスポーツやボクシング・空手などの格闘技では、顎や頭部に強い力がかかることがあり、歯の脱臼や破折・口腔の外傷、脳震盪(のうしんとう)を防止するためにマウスガードを装着するのは非常に有効です。
また近年、マウスピースをつけて食いしばることにより、スポーツパフォーマンス(運動能力)が向上することがわかってきました。
スポーツ用品店では、熱で軟化させて自分で作るマウスピースが売られていますが、上記2つの効果をあげるためには、かみ合わせをちゃんと調整したオーダーメイドの装置が必要です。
競技成績を伸ばしたいスポーツ選手、外傷を防止したい方はご相談ください。

訪問歯科診療

訪問歯科診療とは……

歯科治療は大きな機器が必要になる為、病気やけがなどでご来院できない方は治療することが出来ず、むし歯や歯周病などのお口の衛生状態が改善されない状況が続いていました。
しかし近年では、治療器具の進歩や訪問診療が保険制度になったことにより、気軽にご自宅での診療を選択することができるようになりました。
脳血管障害などで寝たきりの方や、骨折などで歯科医院への通院が出来ない方の為に、こちらから診療に伺います。むし歯や歯周病などによる痛みや、入れ歯が合わないという歯科的な困りごとはもちろん、誤嚥性肺炎(※)や身体全体の炎症を防止するための口腔ケアはとても重要です。定期的に訪問に伺うこともできます。


※誤嚥性肺炎
病気や加齢などが原因で、飲むこむ機能や咳をする力が弱くなると、口腔内にある細菌や逆流した胃液が気管に入りやすくなってしまいます。それが原因で発症するのが誤嚥性肺炎です。
寝ている間に発症してしまうことも多く、高齢の方は命にかかわることも少なくありません。

病院・介護関係者の方へ

入院中や、老人健康ホーム、介護施設にお住まいの方にも訪問診療を受けていただけます。
依頼していただければ、入所されている施設へ歯科医師と歯科衛生士で伺います。お口の中のケアを中心に行い、口腔内を良好な状態に保ちます。日頃からお口のケアをしっかりとおこない、口腔機能の低下を防止することができれば、口腔内の良好な状態を保つことができ、食べる楽しみを持ち続け、それが生きる意欲につながっていきます。
患者様、入所している方が元気に過ごせるよう、ぜひ口腔内ケアのお手伝いをさせてください。

訪問歯科の診療内容

1.入れ歯の作製・修理・調整
ゆるくてずれてしまう入れ歯や、痛くて十分にかめない入れ歯、食べ物がはさまってしまうという入れ歯のお悩みをお持ちの方に、今の入れ歯の修理・調整や新しい入れ歯の作製をおこないます。

 

2.抜歯
むし歯や歯周病の進行が進んでしまった歯や親知らずなど、機能の低下してしまった歯の診断や抜歯をおこないます。

 

3.歯を削ることを必要としないむし歯の処置
歯科医院で行う治療と同様に、進行の程度が低い歯に対して治療を行います。

 

4.口腔ケア
ブラッシング指導を行います。誤嚥性肺炎の予防にもなります。

 

5.嚥下指導
脳血管障害(脳出血・脳梗塞)で運動障害や麻痺が起こる時はもちろんですが、老化による嚥下障害(飲み込みにくいこと)を起こすことがあります。嚥下はかみ合わせの高さや口唇・舌の運動に大きく関わっており、飲み込みやすいお口の環境を整え、リハビリをおこなうのが、改善へ繋がっていきます。

訪問歯科診療の流れ

1. 電話やメールで、お口の治療・口腔ケアを受診される方の現状(口腔内の状態、飲まれているお薬、全身の健康状態、主治医など)をお知らせください。(その際に健康保険証・老人医療証・介護保険証などの番号をお伺いしますのでご準備ください)


2. 初回の訪問では、全身状態や口腔内を拝見し、治療計画を立てます。


3. 2回目の訪問から治療を進めます。


4. ご要望に応じて、定期的に訪問し、口腔ケアから全身の健康状態の維持、または改善します。

 

対応地域・時間

●対応地域
主に高槻市内、高槻市近隣(茨木市、島本町など)の地域に対応しています。


●訪問時間
平日(月曜日~金曜日):13:00~15:00
土曜日:13:00~
※診療の都合により時間が前後する可能性があります。

 

小児歯科

子供を対象とし、乳歯のむし歯や歯肉炎の予防・治療に努めて、永久歯がむし歯にならないように正しい位置に萌出させることを重視します。
歯科診療に対して恐怖感を抱くのは、子供の頃に受けた治療に原因があることも多く見受けられます。自分から進んで治療を受けられるよう、じっくりと診療をおこないます。

こどものむし歯と治療法

3歳までの間にむし歯になりやすいのは、上の前歯の歯と歯の間と、上の前歯の根元です。下の前歯は、歯の裏側に唾液の出る穴があり、唾液がむし歯菌を洗い流したり、歯にカルシウムを補給したりするので、むし歯にはあまりなりません。しかし、上の前歯には唾液の作用が届きにくいため、ハブラシの毛先が届きにくい歯の間や歯の根元が、むし歯になりやすいのです。
3歳以降は、奥歯のみぞや奥歯の間が、むし歯になりやすくなります。歯がそろってきたら、いっそう丁寧なケアが必要です。


乳歯のむし歯になりやすいところ(0~2歳):上の前歯と前歯の間、歯の付け根
3歳以降:奥歯の溝、奥歯と奥歯の間、6歳臼歯

 

治療法

フッ素は歯の表面のエナメル質を丈夫にするため、むし歯になりにくくなります。ある調査では、30~50%のむし歯を減らすことが出来ると言われています。これは、フッ素を塗布しない場合にむし歯が5本出来る人も、フッ素を塗布すれば3本ですむということに相当します。
塗布をおこなう時期としては、生えたての歯に塗布するのがもっとも効果的です。乳歯でも永久歯でも、生えてすぐの歯はフッ素を取り込みやすいので、この時期に塗布しておくと、それだけ丈夫な歯に成長します。乳歯が生え始めたら、定期的に歯科医院で塗ってもらうといいでしょう。
また、シーラントとは、むし歯になっていない奥歯のみぞなどに樹脂を詰めて、むし歯を予防するものです。とくに、みぞが深く複雑な歯には有効です。ただし、詰め物がとれたり、欠けたりすると、かえってむし歯になりやすくなってしまうこともあります。シーラントを施す場合は、半年に1回は検診を受けることが必要です。

 

来院される前に

遊びに来るような気持ちでご来院ください。
大人でも嫌な歯の治療は、子供にとっては大変嫌なことです。特に小さなお子様であれば尚のことです。当院ではお子様とのコミュニケーションを大事に考え、性格を理解し、慎重に治療を進めていくので、安心して治療を受けることが出来ます。
お子様の不安を出来るかぎり取り除けるよう保護者の方には以下のことでご協力いただければと思います。

 

●お子様に嘘はつかない
嘘をついて来院されないようにしてください。かえって嫌がる原因になることがあります。
逆に治療後に、たくさん褒めてあげることで、次回来院いただくときも我慢してもらえるようになります。


●ラフな服装で来院してください。
お子様は治療を嫌がり、暴れたり、泣いたりすることがあります。
治療中はTシャツなどラフな服装で受けてください。


●リラックスさせましょう。
待合室では、治療前にリラックスさせるため、本を読んで聞かせてあげたりしてください。

 

定期健診を受けましょう。

定期的な健診の、最初に健診を受けた年齢が小さいほどむし歯になる確率が低いというデータがあります。
13歳になったときの比較では、7~8歳を越えて健診を始めた人はそれ以前で始めた人より、およそ2倍のむし歯が出来ています。こうしてみると幼い時からの予防の重要さがわかると思います。むし歯や歯周病の予防を充分に行い、歯を削ったり抜いたりするような治療を受けないですむようにする事が大切です。
ご家庭での歯磨き習慣などのホームケアはもちろんですが、3カ月から半年に一度は歯科医院でのプロフェッショナルケアを受けられることをお勧めしています。
そうすることにより、痛む前にむし歯などの発見ができ、噛む力を確保できると共に、永久歯を正しい位置へと誘導してくれます。

高槻市 歯のお悩み共感サイト 医療法人きしもと歯科 大阪高槻市の歯科医院 きしもと歯科口腔外科クリニック ブログ ホワイトニング